思考回路の整理

思ったことしか書かないので

ELLEGARDENは存在していた

2018/08/15 ZOZOマリンスタジアム

ELLEGARDEN

《THE BOYS ARE BACK IN TOWN TOUR 2018》

 

参戦してきました。お久しぶりです。

 

高校の頃、カッケーから絶対聴いてって言われて渡されたCDがELLEGARDENだった。

2010年くらいの出来事だったかなあ。

軽い気持ちで一曲聴き始めたら、見事にズブズブにはまってしまったんだ。

 

その時にはもう活動休止していたから、

今日に至るまでの時間、彼らを「待ってる」という感覚とは違っていて。

だから正直、恥ずかしい話、今回の「活動復活」という言葉もピンときてなくて。

 

なんなら一生活動なんてしない伝説のバンドだと思っていたよ。

 

でも幕を開けて、彼らの演奏が始まった時、

オーディエンスの熱量と、自分の心の中にあった言葉にできない感情が見事に爆発した。

 

本当に存在していた!!いた!いる!!見つけた!!

 

そこに彼らはいて、本当に演奏していた。

ELLEGARDENは確かにそこにいたんだ。

 

セットリストとか細かいことはほかを見ればわかるだろうから書かないよ。

 

ただ、やっぱりヒーローだった。

気付いたら全力で歌って、跳ねて、泣いてた。

 

MCの後のサンタクロースで泣いた。

月、本当にいい曲だな。

高架線、マジで良い歌詞だな。

 

ライブで良さをより実感した。あんなライブされたら、そりゃあみんなから愛される訳だ。いくらでも待つよな。

 

このライブだけで活動をやめても、続けても、

私は彼らの活動を支持するし肯定するし、

どんな事があってといつまでもずっと伝説のロックスターだ。

 

10年間、このライブのために曲の予習をする時間をくれてありがとう。

 

f:id:ymotfw:20180816232759j:image
f:id:ymotfw:20180816232802j:image
f:id:ymotfw:20180816232915j:image