思ったことを書くブログ

思ったことしか書かないので

チャンスはいつ来るのかという話

ミュージカル「ラディアント・ベイビー ~キース・ヘリングの生涯~」をみた。

 

f:id:ymotfw:20170225024941j:image

開幕された2016年6月6日、まさに初日に妹と見に行った。

当時の私はは就職活動中で、しかも停滞期だった。面接もどんどん落ちて、何もかもうまくいかない時だった。

 

そんな時、妹がこのチケットを余らせていた。

f:id:ymotfw:20170225024802p:image

平間壮一が目当てで席をとったらしい。

その平間壮一が演じるツェン・クワン・チーは、主演のキース・ヘリング柿澤勇人)の友人だ。

実際私もキースヘリングはあのイラストでしか知らなかったし、元々絵が好きだから喜んで誘いを受けた。

 

 

結果、ボロ泣き。

 

 

妹が隣の席で嬉々として平間壮一を眺めている横でボロ泣き。

 

というのも、物語というより劇中のセリフにズシンと心をやられたからだった。

 

もう前のことなのでうろ覚えだけれども、たしか、キースのアシスタント・アマンダ(知念里奈)が放った一言だった。

 

 

 

「チャンスは準備をしてきたものにしか訪れないものなのよ」

 

 

とりあえずこんなニュアンスだったと思う。

 

 

 

ボロ泣きよ。

 

 

そうそう。そうなのよ。私が就活上手くいかないのも、いい機会、チャンスが来ないのも全部何も準備していないからなのよ。

いつかどうにかなるって、なあなあにしてチャンスを待つだけだから、こんなことになってるんだわ。

 

そういう風に聞こえてしまって、悲しくてボロ泣きでした。

その後は縁あって内定もいただき、春には社会人です。

何事も準備は大事だということでね頑張っていきたい、、、、

 

ーーーーー

画像引用はこちらでございます

柿澤勇人「ラディアント・ベイビー」キース役は「演劇人生の中で一番つらい役」 - ステージナタリー